2018年09月18日

シミ しわ たるみ ニキビ 肌荒れ原因

 “シミ・そばかす”、“しわ・たるみ”を除き、“ニキビ・吹出物”などの“肌荒れ”は、女性に限らず、男性も悩みの一つではないでしょうか?

  その大きな原因として、ストレス、不規則な生活減量・ダイエット運動不足が挙げられ、その結果、『 基礎代謝新陳代謝の低下 』、『 腸内環境の悪化、便秘 』、『 肝臓の働きの低下ケアしているのに 肌が荒れやすい) 』 が考えられます。

 「たかが便秘」、「1週間、2週間出なくったって、平気」 とあなどっている方も多いかもしれませんが、『 排便 』 という生理作用は、人間が生きていく上で必要不可欠、取除く事はできません
WOMAN SMART 美しいくびれウエストつくる 簡単体幹トレーニング 2018.9.7】
関連記事体内浄化 肌老化防ぐ潤わせ シミ たるみ改善サビさせず 美肌力UP

青色文字をクリックして頂きますと、説明文または関連記事、対処法、サイトが表示されます。

ストレス・生活習慣 顔に出る

  よしき皮膚科クリニック銀座(東京都中央区)には、ニキビに悩む25〜35歳ぐらいの患者が多く通う。 院長の吉木伸子さんによると、ニキビができるときは毛穴の周りの角質が厚くなり、ふさがって脂が詰まる。

  大人のニキビの主な原因はホルモンバランスの乱れ、睡眠や運動不足、不規則な生活。 疲れやストレスがきっかけで体内のバランスが崩れる。

  皮膚科に相談すれば、健康保険が使える治療を受けられる。 保険適用外だが、角質を取る 「ピーリング」 をしてくれる医療機関も、ホルモンバランスを整える漢方薬もある。「何よりも予防が大切です」 と吉木さん。 ニキビに悩む人に、規則正しい生活を勧める。

 「眠っている間に、肌は新陳代謝をする。 寝不足だと、肌の免疫力が下がってニキビができやすくなります」。

「朝日新聞2008年12月1日掲載記事(ストレス・生活習慣 顔に出る)より一部抜粋」

ストレス、不規則 な 生活 から くる 肝臓 の 働き の 低下

  特に、女性の方で、こんな経験はないでしょうか? お酒を飲んで、”ちょっと飲み過ぎたかな”と思った翌朝、ご自分の顔を鏡を見て 「えっ、うそ〜...」 “ビックリ”したという事が1、2度はあるのではないでしょうか?!
  一般的には、身体・肝臓が小さい女性の方が、男性よりもお酒に弱いとされています。 また、アルコール分解酵素には2種類あり、これが肝臓内にあるかないかだともいわれています。
AFPBB News 週2回のインスタント麺で女性の健康リスク上昇、米研究 2014.8.22】
関連記事痩身力上げ 肌老化抑制美肌力up シミ改善肌老化抑え 潤い改善

  アミノ酸で肝臓を保護する働きがあるのがアルギニン修復するメチオニンオルニチン 働きを向上するリジンアラニンがあり、栄養成分では働きを促進するタウリン 向上するベタインポリフェノールアントシアニンβークリプトキサンチン強化するグルタチオンが挙げられます。

  余談ではありますが、少量でも飲むと顔色が真っ青になる方は、この酵素を2つとも持ち合わせていない場合が多く、お酒を無理やり飲ませる行為は非常に危険といえます
AFPBB News 少量のアルコールでも乳がんリスク上昇、米研究 2011.11.2】
関連記事シミ しわ 肌荒れ は 肝臓目・顔腫れ むくみ ケアお酒を飲む前に

くすみ くま 肌荒れ 冷え 便秘 貧血 の 原因

  血液は、全身の細胞に酸素や栄養素を運搬したり、二酸化炭素や老廃物を運び出す働きをしていますので、血液が身体の隅々まで行き渡らない血行不良が考えられます。 肩こりや腰痛、手足などの冷え、便秘、貧血の原因にもなります。
  また、ビタミンAB2B6ナイアシンパントテン酸ビオチンカルシウムマグネシウム亜鉛セレン摂取不足も原因の1つに考えられます。
日本經濟新聞 加齢による薄毛、コラーゲン減が要因 東京医科歯科大が解明 2016.2】
関連記事保湿力up 肌細胞活性柿に 美白効サビさせず シミ たるみ改善

便秘が 招く 肌荒れ 口臭 体臭

  宿便腐敗老廃物ともいう)は、単に便の臭いの原因だけではなく、体内の老廃物が排泄されずに腐敗した物で、これが腸から吸収されて肝臓や腎臓で解毒されますが、処理し切れなかった分がや肺から排出されます。
  そのため、決まった排便がない場合に肌荒れが起きやすくなりますが、化粧品を使っても改善されない肌荒れは、腸内の腐敗物が肌から排出される時に、ニキビ・吹出物などの原因になっている可能性があります。
  ケアしている、バランスの取れた食事をしてても肌が荒れやすい方、ケアしているのに 肌が荒れやすい も参考にしてくださいね。
AFPBB News 禁煙で太る原因、大食ではなく腸内細菌か スイス研究 2013.8.30】
関連記事便秘 ニキビ 肌荒れ も サイン 乳がん大腸がん心臓病

基礎代謝新陳代謝 の 低下

  人は、気温の上昇、食事の摂取、運動などで体内温度が上昇した場合に、生理的に汗をかく事で、体温を調整しています
  しかし、室温が一定温度に管理された空間での仕事または生活、事規制中心のダイエット、運動不足による筋力の低下、基礎代謝の低下などが原因で、体温調節ができにくくなります。
  特に、“減量・ダイエット”、“喫煙・飲酒”、“外食中心の食生活”をしていくうちに事がかたより、摂取しない食材 に含まれる 『 不足しやすい栄養素、成分 』 が出てきます。
不足がち栄養素ビタミンAB2B6ナイアシンパントテン酸亜鉛

  “汗をかきたくない”、”下半身が太りやすい”、特に基礎体温が35℃台の低体温、基礎代謝の低下が起こり、細菌・ウィルス感染からの抵抗力が低下、エネルギー代謝が落ち、体が冷えやすく、太りやすくなったり、新陳代謝の低下により、肌が荒れやすくなります。
日経Gooday 太らない人が密かに実践している「3つの食習慣」 2017.6.30】
関連記事脂肪cut たるみ修復美肌up 太り体質防止シミ 防ぎ 潤い保つ

  新しく論文、新聞掲載記事などが見つかりましたら、ご紹介させて頂いております。 ご興味のある方は、こちらをクリックしてください。
⇒ 【トップBLOG】【関連記事⇒シミ たるみ防ぎ 発がん抑制気張らず 痩身力up工夫
AFPBB News ビタミンB3に皮膚がんリクス減らす効果、研究 2015.5.14】

【 参考書籍・資料 】
「食品成分表改定最新版」女子栄養大学出版部2011年2月25日発行
「五訂食品成分表2001」女子栄養大学出版部2000年11月発行
「野菜と豆腐料理」 おおぜいの私料理集 協同図書サービス株式会社1985年9月1日
 発行
「web配信記事」2007年1月〜
「おもっきりテレビ」2001年10月〜02年4月放送分
「新聞掲載記事(朝日、讀賣)」1990年1月〜

Related posts(外部サイト)


  このサイトから 「 お探しの項目 」 をもっとお知りになりたい方は、Googleから関連サイト内の検索ができるようにボックスを設置しております。 お役に立てば幸いです。





スポンサードリンク